Home Products Cutsheet クラウドアプリケーション Fiery ColorGuard

Fiery ColorGuard

Fiery IQアプリケーションとサービスのスイートパッケージの一部

色の一貫性と正確性を確保

Fiery® Driven™のあらゆる印刷システムを対象に、いつでもどこでもWebブラウザーを使ってカラー品質に関するデータを確認できます。この有料のカラーアプリケーションを使って、カラー品質を追跡し、通知により制作チームに定期的な検証の実施を指示し、検証に合格できなければアラートで対応を促すことができます。

概要


優れたカラー検証プロセスがなければ、デジタル印刷出力が色に厳しい発注者の期待に応えられない事態も起こりえます。カラー品質が悪いためにジョブが却下されると、コストが増加し、利益が目減りしてしまいます。カラー検証のタスクを合理化するとともに、カラー品質を監視できるソリューションを導入し、カラー品質に一貫性と正確性を確保する必要があります。

そのソリューションこそはFiery ColorGuardです。このソリューションでは、次のことができます。

  • 複数のFiery Driven™印刷デバイスのカラー品質を監視し、カスタマーの期待に応えるカラーを確実に出力
  • インライン測定器を使用してプリンターでカラー検証プロセスを自動化
  • 使用しているデバイスで印刷した出力がG7に準拠していることを確認して徹底
  • カスタムカラーリファレンスとターゲット許容範囲を使って、カスタマーが求めるカラーを実現

機能


Fiery ColorGuardでカラー検証プロセスを標準化しましょう。

efi_colorguard_verificationscheduler

スケジューリング機能

カラー検証プロセスを標準化できるので、混沌とした品質管理のプロセスに秩序が生まれます。

  • インライン測定器を使用してプリンターでカラー検証を自動的に実行
  • カラー検証のタスクから直感に基づくあいまいな手法を一掃し、印刷物の制作業務全体でカラー品質の評価プロセスを標準化された業務手順に転換
efi_colorguard_notification

通知機能

カラー検証のステータスに関して自動で通知を受信できるので、制作スタッフが常にカラー品質を意識することができます。

  • カラー検証とデバイスのキャリブレーションの定期的な実施を促すことにより、印刷機のダウンタイムを軽減
  • ジョブの再印刷回数を減らして、顧客満足度を向上させ、無駄を削減
efi_colorguard_colorcompliance

カラーコンプライアンス機能

Fiery®サーバーとFiery ColorGuardのシームレスな統合により、印刷物の制作マネージャーが容易にカラー検証プロセスに従って作業し、カラーコンプライアンスレポートを生成できます。

  • 業界のカラー標準、カスタマイズした社内標準、スポットカラーに基づいて検証を行い、印刷プロダクションの一貫性と正確性を確保します
  • カラー検証のデータにリアルタイムでアクセスできるようになるので、印刷物の制作チームの対応スピードがアップ
efi_colorguard_analytics

分析機能

分析とトレンド把握のための強力な機能が備わっているので、業務効率を高めながら、時間とともにカラー品質を改善していくことができます。

  • カラーの検証結果とトレンドをいつでもどこでもリアルタイムで可視化
  • カラーコンプライアンスレポートを使って品質重視の印刷業者としての地位を確立

新機能


Fiery ColorGuardの最新リリースの新機能

スポットカラー検証予定 — 2024年3月リリース

スポットカラー検証予定を使用すると、長期にわたってブランドカラーを常に再現できます。

  • Fiery Spot Proで主なスポットカラーを選択し、それをFiery ColorGuardでスポットカラー検証予定に変換します
  • スポットカラー検証予定を再キャリブレーション予定と組み合わせることで、長期にわたり一貫性のあるブランドカラーマッチングが保証されます
  • 100%ブランド準拠という結果で顧客の満足度を高められます
  • Fiery Spot Proが必要です
  • 詳細については、新機能に関するビデオをご覧ください
cg_16_cws1_web

Fiery Command WorkStationクライアントソフトウェア — 2023年10月のリリース

Command WorkStation® 7のプロダクション環境内から直接Fiery ColorGuardのタスクを実行。

  • Fiery Command WorkStation内でスケジュール済みの検証と通知を確認し対応
  • Command WorkStationからColorGuard webアプリケーションを直接起動
  • 他のクライアントソフトウェアは不要

cg_16_latestverification_web

新しい検証基準のサポート —2023年10月のリリース

カラーを最新の業界基準に照らして検証。。

  • FOGRA55 – CMYKOGVおよびFogra PSD 2022カラー参照をサポート
cws_16_gydeltae2_main_web

G7検証ユーザー向けのdE詳細情報 — 2023年10月のリリース

G7検証レポートでdEの値を確認。

  • すべての検証対象パッチについて正確な検証値を取得
  • 「問題のあるパッチ」を速やかに特定し対処
cg_66_pauseschedule2_web

スケジュールの一時停止の可能性 – 2023年5月リリースの

再キャリブレーションと検証スケジュールは一時停止ののち再開される場合があります。

  • プリンターのダウンタイムやメンテナンス中に終了させるべきではない予定は、一時的に無効化してください。
  • 一時停止期間中は、通知もすべて一時停止されます。
cg_66_editabletolerance3_web


標準の許容値設定を編集可能 —2022年11月のリリース

Fogra PSDとG7の許容値設定の目標を調整

cg_66_latestverification_web

最新の検証基準のサポート —2022年4月のリリース

カラーを最新の業界基準に照らして検証。

  • 検証印刷(ISO 12647-8:2021)のウェッジおよびチャートのターゲット許容範囲セットをサポート
  • Fogra PSDの2022年版ターゲット許容範囲セットおよび検証プリセットをサポート
cg_14_pool_web

プールベースのライセンス — 2021年7月のリリース

印刷デバイスのライセンスを柔軟に調整。

  • ライセンスの使用状況は、ColorGuardのライセンスマネージャで管理
  • サポートサービスに連絡することなく、古いデバイスから新しいデバイスにライセンスを移行可能
cg_14_benchmark_web

ベンチマーク検証 — 2021年6月のリリース

業界標準ではなく、デバイスの最適な条件に照らして検証。

  • 業界標準に照らした検証に関係しない代替のベンチマーク
  • プリンターの色域と品質の制限内で一貫性を実現するのに最適
cg_14_g7colorspace_web



G7 ColorSpace検証 — 2021年3月のリリース

G7 ColorSpace PressおよびG7 Colorspace Proofの許容値セットを追加。

  • Fiery ColorGuardの機能を、あらゆるG7検証シナリオに対応できるよう拡張
cg_14_g7scca1_web

SCCAによるG7検証 — 2021年3月のリリース

G7 TargetedおよびG7 ColorSpaceの許容値セットのSCCA(Substrate Corrected Color Aim)ベースの検証を追加。

  • 標準的な非校正用紙に対するG7検証を実現
  • 検証に合格するためのより実践的で簡単な方法
cg_14_patchset1_web

カスタムカラー参照とパッチセット — 2021年3月のリリース

カスタムのCMYKカラー参照とパッチセットをサポート。

  • サードパーティのカラー管理ソフトウェアからパッチセットを柔軟に追加可能
  • 特定の検証ニーズに応じて社内のパッチセットに照らした検証が可能
cg_66_ilsparalell_web

インライン測定器による平行自動検証 — 2021年3月のリリース

インライン測定器で複数のプリンターを同時に検証。

  • 同時に複数のプリンターを検証する必要がある場合に検証時間を短縮

仕様


Fiery ColorGuardを利用するには、ColorGuardのwebアプリケーション、クライアントアプリケーション、サポート対象測定器のそれぞれにアクセス可能である必要があります。


Fiery ColorGuardのwebアプリケーションのサポート対象ブラウザー:

  • Google Chrome
  • Microsoft Edge
  • Mozilla Firefox
  • Safari 11以降

サポート対象のクライアントオペレーティングシステム(Fiery Command WorkStation 7以降の一部):

  • macOS 10.15以降
  • Microsoft Windows 10(64ビットのみ)、11

サポート対象の測定器:

  • Fiery ES-1000分光測色計
  • Fiery ES-2000分光測色計
  • Fiery ES-3000分光測色計
  • Fiery ES-6000分光測色計
  • X-Rite i1iSis
  • X-Rite i1iSis XL
  • X-Rite i1iSis 2
  • X-Rite i1iSis 2 XL
  • X-Rite i1Pro
  • X-Rite i1Pro 2
  • X-Rite i1Pro 3
  • X-Rite i1iO
  • X-Rite i1iO 2
  • Barbieri Spectropad(USB接続のみ)
  • Barbieri Spectro LFP
  • Barbieri Spectro LFP qb
  • Barbieri Spectro Swing
  • Konica Minolta製FD-5BT
  • Konica Minolta製FD-9
  • Konica Minolta製Myiro-1
  • 以下のインライン測定器:
    • キヤノンiPRC10000VPシリーズインライン
    • Xerox iGen 150インライン分光測色計
    • Xerox Full Width Array(FWA)
    • Konica Minolta製IQ-501

サポート対象のレガシークライアントオペレーティングシステム(Fiery Command WorkStation 6.8以前のFiery ColorGuard Desktopのユーザー向け)

  • macOS X 10.13以降(64ビットのみ)
  • Microsoft Windows 7、8.1、10(64ビットのみ)、11

リソース

検証プリセットアシスタント

印刷環境に適した検証プリセットと許容値がわからない場合は、Fiery ColorGuard検証アシスタントをチェックしてください。

製品トレーニング

eラーニングコース、エクスプレスビデオ、シミュレーション学習など、Fiery ColorGuardに関するオンデマンド学習マテリアルを無料でご利用いただけます。

Fiery ColorGuardのeラーニング

Learning@Fiery — カラーの一貫性と正確性を確保するためのオンライントレーニング。

Fiery ColorGuardに関する無料のオンデマンド学習マテリアルを使って、カラー検証プロセスの合理化と正確で一貫した色の実現のためのスキルをマスターしましょう。

Brochures

Fiery ColorGuardパンフレット

Fiery® ColorGuard™ – カラー検証プロセスの標準化に役立つクラウドベースのカラー検証ソリューションです。カラー検証の結果データをリアルタイムでモニタリングできるほか、検証に合格できなかった場合には印刷プロダクションチームに通知して対応を促すこともできます。

FAQs

Fieryアカウントに関するFAQ

Fieryアカウントに関するよくある質問